スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急入院&手術そして退院

病名は精巣腫瘍でした。
爆笑問題の田中がかかったのと同じ病気ですね。(あまり話題になってないけどネプチューンのホリケンもらしい)

自覚症状は実は11月末ぐらいからあり、右のタマが左のより大きい??感じがしていたのですが、痛みもなかったのであまり深刻に考えていませんでした。早めに病院へ行けば良かったのですが、場所が場所だけに恥ずかしかったり、12月は出張に行ったり年末で忙しかったり一月に入ってからは子供がずーっと風邪をひいていたのでなかなか病院へ行けませんでした。
んで、3/1に会社の休みが取れたので、診察してもらったところ精巣腫瘍と診断されました。
(事前にネットで調べて自己診断していたので、それほどショックはなかったつもりですが、やっぱり医者から正式に宣告されると結構なダメージ...)

出来るだけ早く手術して摘出した方が良いということで、その日のうちに緊急手術。入院もましてや手術なんて初めてだったので、もう緊張しまくり。それでも間が空かなかったことが返って良かったと思います。一日空いたりしたら、手術まで長ーい時間をモヤモヤして過ごす事になったろうから。

手術自体は麻酔の時間を入れても1時間以内に終わりました。(実質30分もかかってない)
最初の下半身麻酔の注射が一番緊張したなぁ。うちの嫁さんから「麻酔注射はすごーくピリッとくるよー」と脅されてたもんで。(実際はたいして痛くなかった)
手術中に点滴の液が漏れちゃって付け替えてもらっているという突発イベントが発生したため、それに対応している間に、先生から「もう終わるよ」の声。その後ホッチキスでパチンパチンと切開部分を閉じて手術終了でほんとあっという間だったなぁ。
術後に摘出した腫瘍を見せてもらったけど、元の精巣と同じぐらいの大きさで白っぽい色をしてた。これが自分の体の中から出てきたとは思えない奇妙な感じ。。。

手術をした当日はそのままベッドの上で安静。寝返りをうてなくて、同じ姿勢のまま長時間過ごす事になったので腰が痛くて痛くてしょうがなかった。麻酔が切れたあとはやっぱり傷口が痛みだし、人生初の座薬を入れてもらいました。もうこの頃になると恥ずかしいとかいう感覚はなくなってます。

二日目になると、先生から起き上がってOK、歩いてもOKとの許可が出ました。力を入れると傷口は痛むものの歩けるものなんですね。夜には横を向いて寝る事ができるようになったので、腰が格段に楽になりました。

三日目には傷口の痛みもほとんど無くなり(とはいっても痛い)、活発に行動できるように。ただずっと起きていると頭痛が。先生に聞いたところ麻酔の影響だろうとの事でした。これも時間が経たないと良くならないらしいので、ベッドでおとなしく横になっているしかなかった。

そして、今日晴れて退院です。
CTでの目視による確認では他の臓器に転移はしていないとの事なんですが、今後は一週間に一回血液検査を行い、転移の有無を調べて行く事になりました。
転移していても化学療法でほぼ100%完治できるのですが、やっぱり副作用とか怖いので転移していない方がいいな。


場所が場所だけに最初は恥ずかしくて病院に行けなかったですが、今思えば気づいた時に行っておくべきだったなぁと後悔...
若い人ほど行きにくいと思うけど、股間に異常を感じたらすぐに病院に行くべきです!

ちなみに手術後一番つらかったのは、手術のためほぼ丸一日食事ができなかった事かも。もう腹減って腹減ってたまらなかったよ..

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
訪問者数
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。